天然を超えた
養殖とらふぐを天草・御所浦から

ふく成

SCROLL

天草・御所浦の海で三十八年
自ら課した厳しい出荷基準で
天然を超える養殖とらふぐを

ふく成のこだわり

独自の出荷基準

ふく成では10年前から「熊本県適正養殖業者認証制度」を取得しています。それ以前にも自主的に検査機関に出し安全性を第一に考えてきました。そしてブランドとらふぐ「六福-ROPPUKU-」には更に厳しい出荷基準を設けており、天然とらふぐを超える旨味を出すことに成功しています。

ご要望に応じて
捌いて提供

ふく成のとらふぐのほとんどは、身欠き(捌いた状態)で出荷されます。この状態ですとふぐの有毒部位が除去処理されていますので、ふぐ処理師の免許を持つ方がいなくても飲食店で取り扱う事が可能です。

※「身欠き」とは、ふぐの有毒部位を除去し、安全に可食部位だけを分ける作業です。
ふぐ処理専門の資格をもつプロが丁寧に身欠き作業を行います。
※ふく成で身欠かれたとらふぐは、すべて有毒部位除去済表示がされています。
※各都道府県や地域により、身欠きふぐでも取り扱うための条件などがありますので、各保健所にてご相談ください。

こだわりを詳しく見る >

取扱商品

御所浦の海

御所浦町は天草市にある全島離島の町。
島々に囲まれた御所浦の海は
波が穏やかでゆりかごの海と
呼ばれています。


この穏やかな環境がトラフグや
真鯛の養殖に非常に適しています。
ふく成の商品の品質の良さは
御所浦の海であることが
大きな要因の一つになっています。